【沖縄の脱毛初心者向け】「脱毛=痛い」といわれるワケ【痛くない脱毛あります】

脱毛の痛みが心配な女性
脱毛を検討しているけれど、なかなか勇気が出ないという方はいませんか?
行きにくい理由の一つに、施術時の痛さを心配している方も多いはずです。
なぜ脱毛が痛いと言われているのか、そのメカニズムについて解説します。

サロンの脱毛は比較的痛くない

脱毛はエステサロンとクリニックのどちらかで受けることができますが、サロンの光脱毛はクリニックに比べて痛みを感じにくくなっています。

施術時には肌を保護するジェルやクリーム、保冷剤などを使うところがほとんどです。
マシンによってはヘッド部分に冷却装置が付いているものもあり、痛みに対する配慮が行き届いています。

脱毛は、毛を生やす組織に対して熱ダメージを与えることでムダ毛をなくしていきます。
神経が集中している毛穴に高温の熱を届けるため、チクッとした痛みや熱を瞬時に感じてしまうのです。

光脱毛の種類によって痛みも違う!

一口にサロンの脱毛といっても、すべてのお店が同じ光脱毛の方式を採用しているわけではありません。

光脱毛の種類は意外と多いもので、感じる痛みもそれぞれ変わってきます。
どのように変わってくるのか、代表的なものを見ていきましょう。

IPL脱毛

多くのサロンで採用されている最もポピュラーな光脱毛です。
レーザー脱毛マシンの出力を下げたもので、チクッとした痛みや熱いヤカンをさわった時のような熱さを瞬間に感じます。

SSC脱毛

IPL脱毛と方式はほぼ同じですが、特殊なジェルを使うことで痛みを和らげていきます。

ただし、皮膚の薄いワキやVIOだと痛みがIPLと変わらない場合もあります。

SHR脱毛

従来の脱毛方式と異なり、毛穴ではなく毛を包んでいる組織に熱を与えて毛を生やさないようにする方式です。
45~55℃前後の熱で、少し温かいと感じる程度となっています。

痛みもほとんどないため、施術時の負担が少ないのが魅力です。

沖縄にはすべての光脱毛がある!

光脱毛にはさまざまな種類があり、中には痛くないものもあることが分かりました。
しかし、最新のSHRは導入しているサロンがまだ少なく、IPLやSSCが主流になっているのが現状です…。

でも、沖縄のサロンはSHRを含むすべての脱毛方式が上陸しているんです!
脱毛方式の違いを知って、痛みが少ないサロン脱毛で無理なくスベスベ肌を目指してみてはいかがでしょうか?

参考にしたサイトはこちら→沖縄で最新SHR脱毛を体験しよう!